ロイシン サプリ

露出の少ない冬にしっかり鍛えて筋肉増強!と考えている方も多いはず。トレーニング初心者にありがちなのが、やみくもに筋トレを行うというパターン。頑張っているのに思ったほど筋肉がつかず、やる気も下がり気味に…。そんな残念な結果を防ぐには、筋肉の材料となる必須アミノ酸のロイシンを不足させないことが大切です。

 

食事からも摂取できますが、効率の良い摂取にはサプリがおすすめ。ロイシンの代謝物であるHMBが配合されたサプリなら、より効率よく働いてくれます。また、筋肉増強にはバリンとイソロイシンの同時摂取も大切。サプリを選ぶ際には、この点にも気を付けてみて下さい。当サイトでは、厳選ロイシンサプリをランキングにてご紹介しています。

 

パーフェクトビルドEAAの特徴

ロイシン強化型EAA(必須アミノ酸)で急速筋力UPをサポート!筋肉増強に欠かせないロイシンを強化配合したEAAを使用。必須アミノ酸を一気に補給&無駄なく効率的に筋肉増強へ。さらにロイシンの代謝物HMBも配合しています。EMR(酵素分解ルチン)をプラスし、身体修復時のタンパク質合成を助けます。クレアチン、グルタミンなど、筋力増強に嬉しい成分を、贅沢に配合しています。1日めやす4〜8粒、ロイシン強化型EAA3,000r配合(8粒中)。限定ビルドアップコースは、90日間全額返金保証など5大特典あり。

価格 630円
評価 評価5
備考 EAA(必須アミノ酸)・HMB・EMR

 

ディープチェンジクレアチンの特徴

筋肉増強に欠かせない成分を黄金比率で配合しています。筋肉の持続力UPに嬉しいクレアチン、ロイシン代謝物HMBを配合。さらに筋肉強化&修復のBCAA、疲労回復のイミダ15をプラス。これらの相乗効果で筋肉がみるみる元気に!また、燃焼系成分や酵素成分などを配合で、体をスッキリ整えてくれます。これから筋肉増強を始めるという方にも。1日めやす3〜6粒。ディープボディチェンジコースは、90日間全額返金保証あり。

価格 560円
評価 評価4
備考 クレアチン・HMB・BCAA

 

ビルドマッスルHMBの特徴

ロイシン代謝物HMBで筋力増強を助けます。効率よく筋力増強をするにおすすめのHMBをしっかり配合。筋肉に必要なたんぱく質を構成するBCAA、回復系のグルタミンをプラスし、ビタミンやミネラル豊富なバイオペリンなどもプラス。1日めやす4〜8粒を、トレーニング前や最中にどうぞ。トクトクコースなら、90日間返金保証など5大特典つき。

価格 500円
評価 評価3
備考 HMB・BCAA・グルタミン

 

ロイシンはサプリからの補給がベスト!

 

BCAAという言葉を聞いたことがありますか?これは必須アミノ酸の中のバリン、ロイシン、イソロイシンを指します。中性脂肪を減らすために運動を頑張っている人は多いと思いますが、同時にこれらのアミノ酸を摂取することをおすすめします。運動で筋肉のタンパク質が分解されることを防いでくれるからです。きちんと摂取しておかないと、運動の効果がきちんと筋肉に反映されないのです。

 

BCAAを運動前に摂取することで効率よく筋肉を育てることが出来るのです。プロテインを摂取するよりも効果があるとされていますよ。プロテインよりも即効性があるBCAAがおすすめです。

 

「ロイシン」
バリン、ロイシン、イソロイシンの中で特に重要なのがロイシンです。運動前や運動中にロイシンを摂取すると、運動後に筋肉から離れてしまう必須アミノ酸の量を抑えられます。運動後のロイシン補給も効果的です。それによって損傷した筋肉を修復することが出来るからです。筋肉トレーニングの前後はサプリメントを上手に活用しましょう。習慣化することで効率よく筋肉をつけることが出来ます。

 

ロイシンの働きは他にもあり、膵臓からのインスリンを分泌を促すことです。インスリンに寄り、筋たんぱく質の合成がさらに活性化されます。ロイシン補給を習慣化しておけば、辛い筋肉痛に悩むこともなくなりますよ。筋肉痛が嫌で運動が続かないという人も、是非試してみてください。毎日有酸素運動を行うことで中性脂肪は下がっていきます。現代人の悩みの種であるメタボリック症候群にとても効果的です。

 

ロイシン含むBCAAの効果

 

CAAとは必須アミノ酸の中のバリン、ロイシン、イソロイシンを指すものです。これらは筋肉と大きく関係していて、トレーニングの効果をより高めてくれる栄養素です。それでは、BCAAについてご紹介していきます。

 

「BCAAって何?」
必須アミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソリシンの3つです。サプリメントが市販されていますが、1:2:1のバランスで配合されていることが多いようです。

 

「トレーニングする人やダイエットする人に」
スポーツをしている人はBCAAを飲んだ方が良いと言えます。筋肉の分解を抑制してくれるのからです。せっかく作った筋肉は、なるべく分解されない方が良いですものね。トレーニングの工夫と同じくらい大切なことです。ダイエットをする人はどうでしょうか。こちらもやはり飲んだ方が良いです。ダイエットでは筋肉を落とすことをしたくないですよね。筋肉が落ちると基礎代謝まで落ちてしまい、痩せにくくなってしまうのです。筋肉ではなく、脂肪をたくさん落とす必要があるのですから、ダイエット中にBCAAは効果的と言えます。

 

「摂取のタイミング」
BCAAを効率よくはたらかせるには、運動の30分前に摂取するのが良いでしょう。BCAAの特徴として、胃の消化を飛ばして腸から直接吸収されるということがあります。なので運動の直前に摂取しても良いくらいです。マラソンのように持久力が必要なスポーツでは特に効果を発揮します。筋肉の分解と合成が繰り返されているので、分解をなるべくさせないようにすると良いからです。

 

筋肉を作るためにロイシンは必要

 

筋肉を作るには何が必要かご存知でしょうか。これが足りなければせっかく運動しても筋肉にならないという残念なことになってしいますよ。筋肉を作るために必要なものそれはクレアチンとロイシンです。相互的に働き合って、筋肉の分解を抑制する効果を示してくれます。

 

クレアチンは筋肉の量を増やす働きがあります。リン酸代謝が増えたり、衛生細胞が活性化したり、ホルモンの適応や細胞内の水分が増えるなどが、その理由として考えられています。ロイシンは筋肉においてたんぱく質の合成をするとともに、分化されるのを抑えます。このことから筋肉を作る働きにとても重要な関わりを持つとされています。

 

「mTOR経路の同化作用について」
ラパマイシンというmTORの阻害物質があることで、完全に働くことが出来なくなってしまいます。以前は運動後にBCAAを摂取すると良いとされていたけど、必要なのはロイシンだけかも知れないと思います。バリンとイソロイシンにはタンパク質合成を刺激する働きがないからです。

 

BCAAの中で一番同化作用について大きな働きをしているのはロイシンです。生理学的にとても重要だと言えるでしょう。シグナル伝達経路を刺激するのはロイシンだけで、これによってたんぱく質が合成されます。ロイシンを摂取した場合、筋肉のタンパク質合成は20分以内に起こります。

 

mTORの伝達経路は、ロイシンの摂取後にとても活性化されることが分かりました。筋肉を作るためには伝達経路をいつでもオンの状態にしておくことが大切です。

 

ロイシンは酒飲みにも良い

 

ロイシンという栄養素があります。これは、バリンとイソロイシンと一緒にBCAAに分類されている必須アミノ酸です。筋肉を作る働きがあり、たくさんの食材に含まれていて普段の食事で十分摂取できています。筋肉の週副作用や肝機能を向上させる働きもあります。

 

ロイシンの良い効果は肝機能を高めたりストレスを和らげたりすることです。筋肉を強化したい人にも人気があります。筋肉の分解を抑えて合成を促進させてくれるロイシンのサプリは、アスリートにもよく利用されています。運動するうえでの持久力や瞬発力を作り出すのもロイシン。肝臓の機能向上により、老廃物を分解する力が高まり疲れにくくなります。またストレスが緩和されることから育毛にも効果が期待されます。

 

ロイシンの悪いところは特にないのですが、摂取方法によっては体に影響が出ます。ロイシンが体に良いからといって過剰摂取した場合、アミノ酸同志のバランスが崩れて体を壊します。逆に少ないとどうなるかというとこれもまた問題です。肝機能が低下することでインスリンの分泌も減り、血糖値が上がります。そうして糖尿病になりやすくなってしまいます。どんな栄養素もそうですが、極端に摂取するのはよくありません。バランス良くいろいろなものを食べましょう。

 

スポーツをする人などは、運動の前後に積極的にサプリメントとして摂取するのも良いです。筋肉を作るだけでなく、分解を抑制できたり筋肉痛が和らいだりしますよ。

 

高齢者もとるべきロイシン

 

若いころはどんなに元気でも、高齢になると筋肉が衰えてしまうのは仕方のないこと。どうしても弱ってしまいます。年を取ることにより、「運動器(骨や筋肉、関節を動かす)」が機能しなくなっていきます。年だから仕方ないといって諦めてしまうと、ますます加速していきますよ。筋肉が落ちるのは運動をすれば抑えることが出来ます。しかし、若い頃のように元気に体を動かせない人も多くいますよね。そんな時に便利なのがサプリメントです。最近の研究で、アミノ酸の中で特に筋肉に作用する成分があることが分かりました。

 

「たんぱく質で構成されている」
人の体の20%くらいはたんぱく質で出来ています。たんぱく質を摂取すると体内でアミノ酸に分解されて血液に流れ込み、またたんぱく質に合成されます。そしてそれが筋肉となっていきます。アミノ酸は体内で作れないので、食品から摂取することになりますが、様々な食材に含まれているので余程無茶苦茶な食生活でなければ十分摂取出来ているでしょう。

 

肉類のタンパク質が良いのですが、年を取るとあまり肉を食べなくなりますよね。そのこともあり筋肉が作られにくくなってしまいます。必須アミノ酸の一つであるロイシンに、筋肉を作る役割があることが分かっています。運動が出来ない体の人は、せめてロイシンをしっかり摂取しておきましょう。ロイシンのサプリメントを利用すると手軽です。しかしサプリに頼り過ぎてはいけません。普段の食生活も見直し、出来る範囲樹体を動かしましょう。

 

人間の体に不可欠な必須アミノ酸の種類

 

必須アミノ酸という言葉を聞いたことがあると思います。それを説明することは出来るでしょうか?アミノ酸は生き物にとって体を構成する重要な栄養素です。そのアミノ酸の種類は、500種類ほどにのぼるとされています。そのうち必須アミノ酸と呼ばれるものはたったの9種類。バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジン、スレオニン、ヒスチジンです。これらをバランス良く摂取することが大切です。そうしないと、効率よく働いてくれません。

 

それでは、それぞれについて紹介していきます。

 

「バリン」
筋肉を合成します。成長促進や精神を安定させる作用があります。BCAAに分類されています。
「ロイシン」
BCAAの一つで、筋肉合成に大きくかかわっています。子供の筋肉には特に必要ですが、大人にとっても重要な栄養素。血糖値にかかわってくるので、欠乏すると糖尿病のリスクが高まります。
「イソロイシン」
ヘモグロビンや筋肉を作るために大切なアミノ酸で、皮膚を回復させる効果もあります。肝機能アップや成長を促す作用もあります。
「メチオニン」
タンパク質と作る時に、まず働くのがこのアミノ酸。これが欠乏すると、たんぱく質の合成が滞ります。
「リジン」
骨の発育に重要な役割を担っています。
「フェニルアラニン」
ホルモンの原料となります。
「トリプトファン」
糖質、脂質、たんぱく質の代謝に深く関わっています。
「スレオニン」
脂肪肝の予防に役立ちます。

「ヒスチジン」
赤血球や白血球を作る上で、とても重要なアミノ酸です。